花粉症とアトピー性皮膚炎は関係ある?

アトピー性皮膚炎の方は花粉症であることが多いそうです。この2つは同じIgE抗体が関与しているアレルギー疾患という点が同じです。IgE抗体とは花粉やダニなどのアレルゲンなど外部から侵入してきた異物に対抗して作られる抗体で、これが不都合な免疫反応を起こしてしまうとアレルギーとなって身体に現れます。

しかし、花粉症=アトピー性皮膚炎ではなく、それぞれのIgE抗体が持つ受容体の違いがあるため同一のアレルギー疾患とはいえません。

花粉症

花粉症の症状が出るとあらゆるところで炎症が起きやすくなります。例えば、目が痒くなったり、鼻水によって鼻の下が赤くなって肌が荒れたりします。
その肌の赤みは肌の炎症ですので、こういった花粉症の症状にアトピー性皮膚炎のかゆみが加わると痒みが広がってしまう危険性があります。

中には花粉症をアトピー性皮膚炎と間違える場合も

花粉症はスギがメジャーですが、ブタクサやヒノキなどでも起こることがあります。こういったアレルギーは時期が花粉症の時期と異なることがあるため、アトピー性皮膚炎だと勘違いしてしまう人がいます。
しかし、なんらかの原因があってアレルギー反応を起こしている可能性もあるので、血液検査をおすすめします。アレルギーの血液検査は調べる項目数によっても金額は違いますが、保険も適用されますし、10項目程度であれば4,000円程度で調べてもらえます。(病院によって異なります)
結果もその日に出ますので、一度皮膚科を受診してみても良いかもしれません。

最近では水素で花粉症を改善できるのでは?という研究が進んでいるそうです。なんでも水素はIgE抗体の暴走を抑制できるとか。
そうなればアトピー性皮膚炎の治療にも応用できるかもしれませんね。今後に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です