アトピー性皮膚炎を悪化させてしまう原因って?

アトピー性皮膚炎は対処方法によっては余計に悪化させてしまうことがあります。
特に生活習慣は大切で、食事や生活環境によって状態が大きく左右されるそうです。

夫は大人になってからアトピーになってしまいました。
その原因は汗じゃないかと言っていますが、個人的には食事内容だと思っています。大人になってから飲みに行くことが多く、生活も不規則。ずっと続けていた運動もやめてしまいました。そういった生活スタイルの変化が体質に変化をもたらしたのだと思っています。

乾燥が原因

アトピーが悪化する原因のひとつに乾燥があります。身体の洗いすぎや界面活性剤がたっぷり入ったシャンプー、リンスの他洗剤などで乾燥が起こるそうです。冬になるとアトピー性皮膚炎がひどくなるという方が多いですもんね。

ハウスダストアレルギー

アトピー性皮膚炎の原因にハウスダストもあるそうです。実際、夫はアレルギーの血液検査でダニや埃などのハウスダストにアレルギー反応があると結果がでました。
湿度が55%以上にあがるとダニが繁殖しやすくなるそうです。お布団や毛布、カーペットをマメに干すなどしてダニ対策をしておいた方が良いですね。
夏はもちろん、冬も加湿器をかけている場合は注意が必要です。

ストレスも一因に

精神的なストレスが重なるとアトピー性皮膚炎が悪化する場合があるそうです。
本人がストレスに気づいていなくても、環境の変化や知らず知らずのうちにフラストレーションを感じている場合もあります。13歳以上で突然アトピー性皮膚炎を発症した場合はストレスも疑ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です