アトピー性皮膚炎は遺伝するのか

結論から言うとアトピー性皮膚炎は遺伝することが分かっているそうです。

両親の片方がアトピーだとどの子供がアトピーを発症する可能性は2倍になり、両親ともアトピーであるとその確率は4倍にも跳ね上がるとのこと。

もともと子供の20%には何らかのアレルギーを持っているそうですが、両親の片方にアトピーがあるとその割合は50%、両親ともにアトピーだと66%だそうです。

実は私も子供の頃、軽度のアトピーがありました。とはいっても乾燥で痒くなりやすい、お風呂の後背中が痒くてブツブツ湿疹ができていたという程度でステロイド剤を使うような症状の重さはありませんでした。
夫は反対に大人になってからアトピーを発症し、私が幼い頃の状態溶離よっぽどひどく今は常に薬を手放せない状態です。

そして、私たちの長男はというとちょっとアトピーの気があるかな?という程度です。
冬は毎日1日1回薬を塗ることはしていて、塗るのを忘れると乾燥が悪化して痒がりますが、保湿剤と弱い薬を塗ればすぐに改善するくらいの程度です。

夏はというと汗疹は意外とできづらくお風呂の後は保湿剤を塗るだけで済んでいます。

両親ともにアトピーの場合子供がアトピーを発症する可能性は66%ですので、残りの34%に入ったのかもしれません。これはもしかしたら運が良かっただけで2人目、3人目と産まれれば誰かしら発症してしまうかもしれません。

アトピーは優勢遺伝なのか劣勢遺伝なのかということも分かっていないそうで、いろんな遺伝子が関係している多因子遺伝といわれているそうです。

これほど日常生活に支障をきたすアトピーについて、それほど複雑で分かっていない部分が多い病気であるということが少し残念ですよね。

我が家ももし2人目に大きく遺伝したら…と2人目を躊躇う気持ちが大きく悩んでいるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です